中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

10月の登録試験で試験時間に間違い車体の16人が影響

日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、10月2日に実施した「令和四年度第一回自動車整備技能登録試験」において試験時間に間違いがあり、16人が影響を受けたことを発表した。間違いがあったのは、自動車整備技能登録試験新潟地方委員会(新潟県自動車整備振興会)が自動車車体学科試験(試験時間80分)を誤って60分で試験を終了させたとのこと。

(全文は整備新聞 令和5年1月10日号:12面に掲載)

愛整振・半田支部、忘年会に会員40人が参加して親睦深める前のページ

愛整振青年部会が「40周年記念誌」を作成、活動などまとめる次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐南工業高の研究会が整備士PRコンテンツ大賞を受賞

    自動車整備士の新たな魅力発信を目的とした令和4年度「自動車整備…

  2. 整備関係

    田中秀一・岐阜運輸支局長の就任インタビュー、新技術対応と人材確保

    4月1日付で、中部運輸局岐阜運輸支局長に前軽自動車検査協会愛知…

  3. 整備関係

    整備業の仕事体験、愛知の新明工業など多数

    仕事体験を通じて自動車整備士に対する興味や関心を高めてもらおう…

  4. 整備関係

    ロータス岐阜支部・キャンペ決起大会で目標必達へ

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可…

  5. 整備関係

    愛知で電子車検証・記録事務代行、91件をまとめて申請

    来年1月から車検証の電子化がスタートするのに対応して、支部主催で「記録…

  6. 整備関係

    岐阜の指定部会と検査員会が電子車検証の説明会でカードリーダー配布も

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の指定部会(遠藤太桂康委員長)と…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP