中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

10月1日からOBD検査プレ運用開始

自動車技術が高度化する中で、自動車技術総合機構と軽自動車検査協会は、2024年10月から開始する車載式故障診断装置(OBD)を活用した「OBD検査」の円滑な導入に向けてプレ運用を10月1日から来年9月までの期間、検査コースで実施する。中部では、自動車技術総合機構中部検査部と軽自動車検査協会愛知主管事務所が各検査場で開始する。プレ運用でOBD検査の基準適合性審査を行う場所は、検査コースの入口で実施する。

(全文は整備新聞 令和5年9月25日号:1面に掲載)

10月22日、23日金山で「なんでも無料相談所」を開設前のページ

愛整振・春日井支部が秋の交通安全運動期間中にシートベルト着用PR次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・指定部会、全会員の新規認証取得を積極化

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月15日、岐阜市の岐…

  2. 整備関係

    中部で特定整備認証取得が徐々にペース上がる

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が昨年秋以降、徐々に増加ペ…

  3. 整備関係

    夏の交通安全運動で「横断中の事故注意」自転車の安全利用を訴え

    愛知県自動車会議所をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県…

  4. 整備関係

    整備関係

    2020年度のNGKスパークガールに亀澤杏奈さん

    日本特殊陶業(本社・名古屋市、川合尊社長)は、2020年度の「NGKス…

  5. 整備関係

    福井県永平寺町・自動運転で全国初レベル4の運転を開始

    福井県永平寺町で5月21日から、全国で初めて運転者を配置しないレベル4…

  6. 整備関係

    中部の行政処分、不正車検で指定取消など

    中部運輸局は令和3年度の整備事業者に対する行政処分状況をまとめた。前年…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP