中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF愛知支部・スタンプラリーコンテストで椙山女学園大学が最優秀賞

日本自動車連盟(JAF)愛知支部(今枝実 支部長)は8月30日、学生が考える「あいち学生ドライブスタンプラリーコンテスト2023」(協賛=愛知県観光協会、日本観光振興協会中部支部)の最終審査会を行い、最優秀賞には椙山女学園大学3年生10人のチーム「現代マネジメント学部水野英雄ゼミ」(写真)が提案した「西尾&蒲郡で1day和文化体験の癒し旅」が選ばれた。最優秀賞の提案は、愛知県観光協会の協力のもと、実際にドライブスタンプラリーとして来年1月に開催を予定している。

(全文は整備新聞 令和5年9月10日号:4面に掲載)

軽自動車の世帯当たり普及が増加、全国平均54・10%に前のページ

JAFのお盆期間中のロードサービス件数が増加次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新城駅周辺で「軽トラ市」を開催

    日本自動車工業会(自工会)が地域の活性化に向けて情報配信してい…

  2. 整備関係

    整備業賠償共済が10月から保険内容を改定しメリット向上

    整備事業者が加入することができる「自動車整備業賠償共済保険」の加入に力…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツが県内3店舗で健康安全運転講座を開催

    産官学民の提携で地域密着プロジェクトを推進する愛知ダイハツ(坪…

  4. 整備関係

    JAF愛知がクルマや自転車のドライバーに交通安全訴える

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は「春の交通…

  5. 整備関係

    日常のライフライン:坪内孝暁・愛知軽協会長

    新年あけましておめでとうございます。令和5年の新春を迎え、心からお慶び…

  6. 整備関係

    JAF愛知支部がハローワークで運転技術診断を実施

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部は4月21日、ハローワーク一宮…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP