中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振・新技術や人材確保など理事会で事業計画を審議

三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月7日、津市の振興会館で第182回理事会(写真)を開いた。議題は令和5年度事業計画・収支予算、諸会議の日程予定など。また、報告事項では電子車検証、車検ステッカーの貼付位置の変更について説明した。令和5年度は、新技術への対応や継続検査OSSの利用拡大をはじめ、電子車検証導入による記録事務代行業者への申請拡大など新制度への対応に加え、整備士の人材確保や後継者難への対応に取り組む。

(全文は整備新聞 令和5年3月25日号:1面に掲載)

竹林武一氏が「旭日中綬章」受章に感謝し2団体に寄付前のページ

愛整振・令和5年度から二養など受講に県の支援次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・半田支部が総会で会員連携し地域密着の活動など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の半田支部(芳賀康宜支部長)はこ…

  2. 整備関係

    JAFのお盆期間中のロードサービス件数が増加

    日本自動車連盟(JAF)は、お盆期間(8月11~16日)のロー…

  3. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

  4. 整備関係

    愛整振・西尾支部が総会で会員の連携強め事業活動を推進

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西尾支部(木下卓往 …

  5. 整備関係

    岐阜・土岐支部が独自のメンテナンスクーポン券で入庫促進へ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・東濃ブロックの土岐支部…

  6. 整備関係

    静岡整備政治連盟・総会と国会議員との懇談会を開催

    整備業界にあって活発な政治活動を行っている静岡県自動車整備政治…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP