中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振の特定整備説明会、予想以上の700人が参加

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)はこのほど、「特定整備」の説明会を中部運輸局と岐阜運輸支局の協力で初めて開催した。今回は2月3日に飛騨会館、5日は岐阜本館、6日は東濃会館の3会場で5回開催、当初の予定を大幅に上回る701人が参加した。各会場とも中部運輸局自動車技術安全部の専門官が講師を務めた。説明は特定整備の概要をはじめ、これまでの分解整備の範囲を拡大し、エーミング作業も行う新たな資格「電子制御装置整備」の内容について説明した。説明会では岐阜本館と東濃会館に参加した認証工場(226人)、指定工場(292人)、その他(員外25人)の総勢543人の受講者にアンケート調査を実施した。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:2面に掲載)

整備関係新型肺炎で車検証の有効期間を伸長前のページ

日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  2. 整備関係

    岐阜人材連絡会が高校訪問やイベントなど事業計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県…

  3. 整備関係

    岐阜整振、昨年下期のキャンペーン抽選を行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月21日、岐阜市の同…

  4. 整備関係

    JAF愛知支部が高速道路SAで交通安全イベント

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は4月6日、…

  5. 整備関係

    愛知の人材確保、イベントや教材提供などを計画

    若い整備士の確保に向けて愛知県の運輸支局、自動車関係団体、整備…

  6. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP