中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JAF愛知支部が名市大と連携して幼児の交通安全活動を啓発

日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は3月9日、名古屋市瑞穂区の名古屋市立大学滝子キャンパスで、同大学の学生が企画した幼児向け交通安全啓発活動の報告会(写真)を行い、幼児に交通安全について学んでもらう動画などを報告した。

JAFと同大学・上田ゼミ(人文社会学部心理教育学科・上田敏丈教授)は半年前から、愛知県内の交通事故を減らし、安全なまちづくりに貢献することを目的に産学連携活動を行っており、今回は活動の総括と製品化に向けてJAFに提案した。この取り組みは「交通安全意識を早期に育み、大人になってもその意識を持ち続けてほしい」というJAFと、保育学専攻の学生の想いから連携活動をスタートした。とくに今回は「コロナ禍でも自宅で自主的に学べる交通安全教材づくり」をテーマに、ユーチューブ動画や配布用教材の制作に取り組んだ。来年度も学生の柔軟な発想を取り入れた交通安全活動を継続していくこととしている。報告会は保育学を専攻する女子学生が制作した動画作品と啓発教材について発表した。冒頭、同大学の郡健二郎学長がJAFとの連携活動の重要性について話したほか、JAF愛知支部の山本勝也事務所長がロードサービスの現状や交通安全への取り組みについて説明した。

(全文は整備新聞 令和3年3月25日号:3面に掲載)

永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介前のページ

愛知・今年も4月6日から春の交通安全運動を展開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・蟹江支部が総会でユーザー対策や会員の親睦など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀治支部長)はこ…

  2. 整備関係

    岐阜整振、昨年下期のキャンペーン抽選を行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月21日、岐阜市の同…

  3. 整備関係

    夏の交通安全運動で「横断中の事故注意」自転車の安全利用を訴え

    愛知県自動車会議所をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県…

  4. 整備関係

    コロナ禍でカー用品の売上げも年間2.7%減

    一昨年10月の消費税増税以降、新型コロナウイルス感染拡大の影響などで、…

  5. 整備関係

    中日本自動車短大が留学生含め299人が入学

    神野学園・中日本自動車短期大学(山田弘幸理事長・学長)は4月6…

  6. 整備関係

    今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ

    自動車やバイクの全ての所有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP