中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コンベンションホールで自動運転に関する「社会受容性シンポジウム」を開催。また、ここで先進事例として紹介するため、遠隔システムを用いた無人自動運転異動サービスが開始される福井県の「永平寺町自動運転出発式」をオンラインで結んで動画配信。発表によると、我が国では交通事故の防止、公共交通の維持・確保など安全かつ円滑な移動手段が大きな地域課題になる中で、各地域において自動運転サービスの導入に向けた検討が進んでいる。

(全文は整備新聞 令和3年3月25日号:3面に掲載)

中日本短大卒業式・留学生含め218人が巣立つ前のページ

JAF愛知支部が名市大と連携して幼児の交通安全活動を啓発次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知ダイハツが「地域見守り活動」で東海市と協定

    「地域の安全を守ろう」と愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月1…

  2. 整備関係

    整備関係

    愛知の指定1Bが警察から講師を招き新春講演

    愛知県自動車整備振興会(坪内恊致会長)の指定第1ブロック(中・昭和・千…

  3. 整備関係

    今年も点検整備推進運動~啓発活動を強力に

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  4. 整備関係

    愛知自販協が60周年記念で寄付金を贈呈

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は2月12日、名古屋マリ…

  5. 整備関係

    整備関係

    保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新…

  6. 整備関係

    愛知・江南支部が若手会を開き情報交換

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP