中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知ダイハツ・岡崎店で親子が参加して「認知症カフェ」

地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ(坪内孝暁 社長)は7月26日、同社岡崎店(川合英介 店長)でオレンジカフェ(認知症カフェ)「こりさん」(写真)を開催。主催はこりさん運営協議会、西部地域福祉センター地域包括支援センターの協力で実施した。このカフェは、認知症の人や認知症の介護をしている家族、地域の人々が自由に交流する場所で、今回は「親子で学ぶ認知症サポーター養成講座」として、認知症について若い世代の人にも知ってもらうことを目的に開催。

(全文は整備新聞 令和5年8月10日号:4面に掲載)

愛整振・南支部が総会で会員交流や地域密着事業を計画前のページ

愛整振・西支部が家族ぐるみ、冷たいビールで親睦会次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振・新技術や人材確保など理事会で事業計画を審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月7日、津市の振興会…

  2. 整備関係

    愛知の自動車盗難・2022年は全国ワースト1位、2年連続大幅増

    愛知県警生活安全総務課によると、令和4年の県内の自動車盗難認知件数は8…

  3. 整備関係

    愛知運輸支局が駐車場をリニューアルし利便性を図る

    年度末の繁忙期を控え、愛知運輸支局は来庁者の利便性向上を目的に…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  5. 整備関係

    愛整振・高浜支部が街頭検査で110台検査、不具合はゼロ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の高浜支部(神谷則喜 …

  6. 整備関係

    愛整振・守山支部が総会で地域密着の安全活動や点検促進を計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の守山支部(鵜飼昌治支部長)はこ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP