中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新型肺炎で車検証の有効期間を伸長

国土交通省は、新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、自動車検査証の有効期間が令和2年2月28日から3月31日までの自動車について、全国一律に令和2年4月30日まで検査証の有効期間を伸長することを決めた。

自動車検査証の有効期間満了後も自動車を使用しようとするときは、国土交通大臣の行う継続検査を受けなければならないが、早急に感染拡大防止策を実施する必要があるとともに、とくに年度末の繁忙期には不特定多数の申請者が全国の運輸支局などの窓口に集中するため、感染拡大のリスクが増大することから、道路運送車両法第61条の2の規定を適用し、検査証の有効期間を伸長することとした。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:1面に掲載)

機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く前のページ

岐阜整振の特定整備説明会、予想以上の700人が参加次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜車協・青年部が総会で事業計画、森新部会長選出

    岐阜県自動車車体整備協同組合・青年部会(松本悟部会長)は4月18日、岐…

  2. 整備関係

    中部で初、愛知運輸支局で継続車検のOSS申請が自動出力機で交付

    継続検査OSS申請を行う利用者の利便性向上を目的に愛知運輸支局…

  3. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で登録申請添付書類の有効期間を延長

    新型コロナウイルス感染拡大に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受けて…

  4. 整備関係

    監査・認定のテュフラインランドジャパンが「ロードサービス・テュフ認証」を開始

    車体整備などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横浜…

  5. 整備関係

    三重整振・総会でOSS促進さらに

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は6月8日、津市のホテル…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツが県内3店舗で健康安全運転講座を開催

    産官学民の提携で地域密着プロジェクトを推進する愛知ダイハツ(坪…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP