中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛される業界めざし:竹林武一・三重整振会長

新年あけましておめでとうございます。令和3年の新年を迎えるに当たり、年頭のご挨拶を申し上げます。昨年は、新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言下において、広範囲な業種に事業活動の自粛が要請されるなか、整備事業につきましては、国民の安定的な生活の確保のための重要な業種とされ、十分に感染拡大防止策を講じつつ事業の特性を踏まえ業務の継続を求められるものとされました。

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:3面に掲載)

変革の波に対応して:杉山智彦・静岡整振会長前のページ

整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・今年も入庫促進キャンペーンを展開

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は7月1日から、点検整備入庫促…

  2. 整備関係

    令和3年度・愛知の継続車検台数、登録車0・7%減、軽は2・4%増に

    継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和3年度の継続検査台…

  3. 整備関係

    静岡整振・中部運輸局と意見交換

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は1月24日、教育委員会(坂井…

  4. 整備関係

    中部の人材確保、中学生への働きかけ活動など

    整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は4月19日、局会議室で令和3…

  5. 整備関係

    愛知部販協・業界発展や会員の連携強化に力

    愛知県自動車部品販売協会(石川量章 会長)は6月28日、名古屋…

  6. 整備関係

    国交省・検査標章の貼付位置の見直しを延期

    国土交通省は、令和五年一月から施行を予定していた検査標章の貼付位置の見…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP