中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、自動車保有台数の増加が望めない成熟産業と言われる中で、先進技術を搭載した自動車が急速に普及し、自動車の長期使用も進んでおり、業界環境は大きく変化しています。それに伴い整備技術も益々高度化、複雑化しており、その対応が急がれております。また、先進安全補助装置搭載車に装備された装置の安全確保のため、特定整備への更なる対応も喫緊の重要課題となっています。

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:3面に掲載)

愛される業界めざし:竹林武一・三重整振会長前のページ

健全な車社会発展へ:山口真史・愛知会議所会長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

  2. 整備関係

    東海自動車が「健康経営優良法人」に認定、従業員の健康管理に注力

    指定工場の東海自動車工業(蒲郡市、三田俊和社長)はこのほど、「…

  3. 整備関係

    監査・認定のテュフラインランドジャパンが「ロードサービス・テュフ認証」を開始

    車体整備などの監査・認定サービスを行うテュフラインランドジャパン(横浜…

  4. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

  5. 整備関係

    PRや人材育成など組合員の支援を積極化:横山隆仁・岐阜中販理事長

    ――昨年の中古車市場はいかがでしたか。横山理事長 昨年…

  6. 整備関係

    愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP