中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備技術の高度化を:田中森・福井整振会長

新年明けましておめでとうございます。【中 略】整備業界におきましては、自動車保有台数の増加が望めない成熟産業と言われる中で、先進技術を搭載した自動車が急速に普及し、自動車の長期使用も進んでおり、業界環境は大きく変化しています。それに伴い整備技術も益々高度化、複雑化しており、その対応が急がれております。また、先進安全補助装置搭載車に装備された装置の安全確保のため、特定整備への更なる対応も喫緊の重要課題となっています。

(全文は整備新聞 令和3年1月10日号:3面に掲載)

愛される業界めざし:竹林武一・三重整振会長前のページ

健全な車社会発展へ:山口真史・愛知会議所会長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    日整連・コンビニのレジで点検キャンペ―ンをPR

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和4年…

  2. 整備関係

    自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正

    国土交通省は自動運転技術に関する国際基準などを導入するため、道路運送車…

  3. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

  4. 整備関係

    愛知自販協が60周年記念で寄付金を贈呈

    愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)は2月12日、名古屋マリ…

  5. 整備関係

    国交省が電子車検証の説明サイトを開設

    国土交通省は、令和5年1月から車検時などに電子車検証が交付されることに…

  6. 整備関係

    三重会議所、総会で竹林会長を再選、公益活動など計画

    三重県自動車会議所(竹林武一会長)は6月24日、ホテル・グリー…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP