中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知で279台のペーパー車検、2年ぶり指定取消処分

中部運輸局は道路運送車両法違反により、ペーパー車検による不正な車検手続きを行ったとして愛知県の指定自動車整備事業者を指定取消、認証取消、検査員解任処分とした。中部管内での指定取消は今年度初めて。同運輸局は不正に対し「厳しい対応」を強調しており、改めて事業者、検査員のコンプライアンスが強く求められる。発表によると、処分を受けたのは新城市の指定自動車整備事業者で泉屋モータース。処分内容は特定整備事業の認証取消、指定整備事業の指定取消。さらに検査員1人に対しての解任命令。指定事業者に対する行政処分としては最も重い。

(全文は整備新聞 令和5年9月10日号:1面に掲載)

今年も9~10月、点検整備推進運動を展開前のページ

福井では3支部がマイカー点検教室を計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・児童画の作品展示会に2日間で867人が来場

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月25、26の両日…

  2. 整備関係

    2020年の事故死者数、愛知は2年連続でワースト免れる

    昨年の愛知県の交通事故死者数は154人(150人)となり、前年…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

  4. 整備関係

    愛整振・指定7Bが総会で検査員交流など事業計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)指定第7ブロック(北・…

  5. 整備関係

    三重運輸支局・環境に優しい30事業場を表彰

    三重運輸支局は8月4日、津市の整備振興会大教室で環境に優しい自…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率は平均63・4%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の6月末現…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP