中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子制御装置整備で新規の専門認証が増加

特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が進む中で、とくに今年度に入ってから電子制御装置整備に限定した専門認証を取得する件数が目立って増えている。中部地区では5県平均で、今年度の新規認証の半分近くを専門認証が占めている。大半は車体、電装、ガラス事業者で、整備工場数の増加とともに整備事業の裾野の広がりにもつながっている。

(全文は整備新聞 令和3年12月10日号:1面に掲載)

愛知の関係団体が名駅前で「自動車関係税見直し」をアピール前のページ

中部の整備工場数、11月の新規認証が依然高水準~半年間連続で増次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知自動車会議所が総会で交通安全の取り組みなど強調

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は6月3日、名古屋市中区の名…

  2. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  3. 整備関係

    JU岐阜AAが組合青年部と共催でイベントAA

    JU岐阜羽島オートオークション(JU岐阜・熊﨑尚樹社長)は2月…

  4. 整備関係

    燃費ランキングでトヨタのヤリスがトップに

    国交省によると、自動車分野においては、燃費・電費の一層の向上(燃費規制…

  5. 整備関係

    愛整振・西尾支部青年部会がまつり会場で点検整備をPR

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・西尾支部(木下卓住支部…

  6. 整備関係

    愛知・中支部が法・制度変更や新技術対応など推進

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の中支部(野田浩司 支…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP