中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・天白支部が街頭検査など地域密着の事業計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の天白支部(大河内和義 支部長)は6月8日、日進市の寿司御殿赤池本店で第31回通常総会を開いた。地域に密着した事業活動を骨子とした新年度の事業計画などを決めたほか、役員改選で大河内支部長を再選した。

(全文は整備新聞 令和5年7月10日号:2面に掲載)

愛整振・熱田支部が変化に対応を強調、加藤新支部長を選出前のページ

愛整振・西支部が点検教室など計画、大橋新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・懸賞キャンペーンの上期抽選を行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月27日、岐阜市の同…

  2. 整備関係

    静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河…

  3. 整備関係

    愛知自動車会議所、書面総会を行い事業・決算報告など承認

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  4. 整備関係

    全日本整備技能大会で日本一目指しがんばれ中部勢

    「整備士日本一」を目指す日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹…

  5. 整備関係

    浜松で人材イベント開催、空飛ぶクルマの展示なども

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は、人材確保事業の一環…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率45%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP