中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・西支部が点検教室など計画、大橋新支部長を選出

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西支部(堀田誠 支部長)は6月17日、三重郡菰野町の湯の山温泉グリーンホテルで第32回定期総会(写真)を開き、研修会やマイカー点検教室などを内容とした令和5年度の事業計画を決めたほか、役員改選で新支部長に大橋幸一氏(リペアショップBB)を選出した。

(全文は整備新聞 令和5年7月10日号:2面に掲載)

愛整振・天白支部が街頭検査など地域密着の事業計画前のページ

愛整振・江南支部が技術向上など計画、丹羽新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で軽自動車の添付書類有効期限を延長

    軽自動車検査協会は7月13日から、新型コロナウイルス感染症対策として、…

  2. 整備関係

    愛知電装組合が理事会で特定整備の対応など報告

    愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一也理事長)は10月26日…

  3. 整備関係

    愛整振・指定5Bが最新の指定整備の動向を学ぶ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の指定第5ブロック(港…

  4. 整備関係

    CAA中部が初荷で流札時・出品料無料などの企画で盛り上げる

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の中部会場は1月13日、豊…

  5. 整備関係

    特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など

    特定整備制度への対応が求められている中で、エーミング作業も行う…

  6. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率は平均63・4%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の6月末現…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP