中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦支店長)は2月19、20の両日、岐阜市の同社東海・北陸トレーニングセンターで内覧会(写真)を開いた。新型パンタ式リフト「アベンタス」の発売に伴うもので、新型リフトをはじめ、門型洗車機、スキャンツール、エーミング用正対装置付きターゲットなどを展示したほか、エーミングセミナーなどを開催した。

エーミングセミナーでは、インターサポート営業部の荒川裕史氏が講師を務め、先進安全自動車(ASV)や新たに特定整備の対象となる電子制御装置整備の概要をはじめ、今後は点検・調整などが必要となるカメラ、レーダーなどのエーミング作業の手順、ターゲットの種類などについて説明した。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:3面に掲載)

愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も前のページ

新型肺炎で車検証の有効期間を伸長次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振が今秋、整備技能競技大会を開催

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は1月14日の理事会で「…

  2. 整備関係

    岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月2…

  3. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

  4. 整備関係

    日本全国で愛される元気と笑顔届けるパートナー:坪内孝暁・愛知軽協会長

    新年あけましておめでとうございます。令和三年の新春を迎え、心からお慶び…

  5. 整備関係

    三重運輸支局が環境対策で優良42事業場を表彰

    三重運輸支局は8月7日、津市の三重県自動車整備振興会会議室で令…

  6. 整備関係

    今年4月から自賠責が平均6・7%引き下げ

    自動車やバイクの全ての所有者に加入が義務付けられている自動車損害賠償責…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP