中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦支店長)は2月19、20の両日、岐阜市の同社東海・北陸トレーニングセンターで内覧会(写真)を開いた。新型パンタ式リフト「アベンタス」の発売に伴うもので、新型リフトをはじめ、門型洗車機、スキャンツール、エーミング用正対装置付きターゲットなどを展示したほか、エーミングセミナーなどを開催した。

エーミングセミナーでは、インターサポート営業部の荒川裕史氏が講師を務め、先進安全自動車(ASV)や新たに特定整備の対象となる電子制御装置整備の概要をはじめ、今後は点検・調整などが必要となるカメラ、レーダーなどのエーミング作業の手順、ターゲットの種類などについて説明した。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:3面に掲載)

愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も前のページ

新型肺炎で車検証の有効期間を伸長次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    中部行政処分、令和2年度は検査員解任が増加

    コロナ禍の影響により、令和2年度は整備事業場への監査件数自体が減少した…

  2. 整備関係

    愛知部販協・石川量章会長の就任インタビュー

    今年6月、愛知県自動車部品販売協会の会長に石川量章氏(トヨタモ…

  3. 整備関係

    整備需要動向調査、売上・入庫DIが最低

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)はこのほど、第49回「整備需…

  4. 整備関係

    愛知運輸支局・功労者90名を表彰

    中部運輸局愛知運輸支局は11月29日、名古屋市瑞穂区の愛知県ト…

  5. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で軽自動車の添付書類有効期限を延長

    軽自動車検査協会は7月13日から、新型コロナウイルス感染症対策として、…

  6. 整備関係

    愛整振・青年部会が助成金などテーマに研修会を開く

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・青年部会(池内章雄部会…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP