中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く

大手機械工具商社イヤサカ(斎藤智義社長)の名古屋支店(蓮池直彦支店長)は2月19、20の両日、岐阜市の同社東海・北陸トレーニングセンターで内覧会(写真)を開いた。新型パンタ式リフト「アベンタス」の発売に伴うもので、新型リフトをはじめ、門型洗車機、スキャンツール、エーミング用正対装置付きターゲットなどを展示したほか、エーミングセミナーなどを開催した。

エーミングセミナーでは、インターサポート営業部の荒川裕史氏が講師を務め、先進安全自動車(ASV)や新たに特定整備の対象となる電子制御装置整備の概要をはじめ、今後は点検・調整などが必要となるカメラ、レーダーなどのエーミング作業の手順、ターゲットの種類などについて説明した。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:3面に掲載)

愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も前のページ

新型肺炎で車検証の有効期間を伸長次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    業界の団結と協調で使命を果たす:川村保憲・愛整振会長インタビュー

    自動車整備業界も大変革期に入っている。急進展する自動車技術の高度化を背…

  2. 整備関係

    経営の安定的発展へ:小栗一朗・愛知販売店会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えられたことと心…

  3. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  4. 整備関係

    日整連・競技大会を1年延期

    日本自動車整備振興会連合会(竹林武一会長)は9月9日の理事会で、令…

  5. 整備関係

    愛知で特定整備認証の看板お目見え

    新型コロナウイルスの感染拡大により、特定整備認証の取得ペースが…

  6. 整備関係

    JAFがRS学習アプリを名古屋工学院専門学校生に制作依頼

    日本自動車連盟(JAF)中部本部(山口真史本部長)は7月27日…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP