中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜人材連絡会が高校訪問やイベントなど事業計画

産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県自動車整備人材確保・育成連絡会」はこのほど、書面による第11回連絡会を行い、令和二年度の活動報告や新年度の事業計画などを決めた。高校訪問は、コロナ禍のため県内18校の進路指導担当教諭に向けた電話によるプロモーションを行ったほか、11月には1校の高校訪問を実施。また、整備士養成校に進学の実績がある高校には生徒向けのパンフレットを郵送した。

電話応対の中で、高校の担当者からは「生徒の就職活動時間が大幅に短縮された」「生徒の進路選択の幅が狭まっているほか、進路を決定するまでの時間も短いため不安を抱く生徒が多い」「求人募集が減少している」「保護者の収入減少により、進学から就職に進路を変更する生徒が増えている」など、コロナによる影響を懸念する話が多かった。また、訪問先の担当者からは「近年、整備士養成校が導入している企業奨学金制度は良い取り組みではあるが、一方で生徒の就職先の足かせになるため同制度について慎重に指導している」などの意見もあった。

連絡会の取り組みについては、岐阜整振が子供向けのお仕事体験イベント「キッズタウンぎふ」に参加したほか、「クルマの児童画コンクール2020」(写真)を開催し、昨年の約2倍となる833作品の応募があり、コロナのため表彰式は中止としたが、応募作品の展示会を実施。また、外国人技能実習制度オンライン説明会を開催したことを報告した。

(全文は整備新聞 令和3年3月25日号:1面に掲載)

整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善前のページ

愛整振・理事会で整備技術強化など来年度の事業計画を承認次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    JAF愛知と愛知学院大が連携しカーシェアで豊橋の観光を発信

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は2月3日、…

  2. 整備関係

    四日市・伊勢志摩の図柄入りナンバー普及促進へPR強化

    地域の魅力アップなどを目的に、自動車の図柄入りナンバープレートが全国各…

  3. 整備関係

    ナンバープレート表示が10月から取り付け角度など新基準に

    この10月からナンバープレートの表示の位置や方法について、新基準の適用…

  4. 整備関係

    愛整振・小牧広育センター増築、来年3月完成へ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は9月4日、整備士教育な…

  5. 整備関係

    整備関係

    三重整振・商工組合がコロナ対策で理事会を書面で実施

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)と同商工組合(同理事長)はこのほ…

  6. 整備関係

    東海自動車が「健康経営優良法人」に認定、従業員の健康管理に注力

    指定工場の東海自動車工業(蒲郡市、三田俊和社長)はこのほど、「…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP