中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・理事会で整備技術強化など来年度の事業計画を承認

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は3月19日、小牧教育センターで第18回理事会(写真=挨拶する川村会長)を開き、特定整備制度や新技術への対応などを骨子とした令和3年度事業計画と収支予算案を承認した。コロナ禍の影響で理事会の書面審議、支部長会の中止などが続き、昨年9月に就任した川村会長は理事会では初めて対面により挨拶した。その中で、川村会長は整備業界の現状認識を説明した上で、「課題が山積している。整備業界にも変革の波が押し寄せている」とし、強い姿勢で整備技術力強化などに取り組む決意を強調した。

(全文は整備新聞 令和3年3月25日号:1面に掲載)

岐阜人材連絡会が高校訪問やイベントなど事業計画前のページ

愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

  2. 整備関係

    ロータス岐阜がWEB総会で可兒支部長選出し、事業計画など決める

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部は5月24日…

  3. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  4. 整備関係

    愛知盗難防止協議会・ユーザー啓発強化などの活動計画決める

    自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損…

  5. 整備関係

    岐阜整振、総会で田口会長らを再選

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は6月13日、岐阜市の同…

  6. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP