中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐々に改善傾向を示した。ただ、先を見通しにくく厳しさが続いている。日本自動車整備振興会連合会(日整連)がまとめた第50回「整備需要等の動向調査」結果によると、今回の調査対象期間の令和2年7~12月における総整備売上高DI、総入庫台数DIは、前期(同1~6月)に比べいずれも改善し最悪期を脱したようだ。

今回は専業の認証245事業場、指定384事業場、ディーラーの指定320事業場の合計949事業場を対象に、令和3年1月時点で調査した。DIは「増えた」という回答から「減った」という回答を引いた割合。調査結果によると、今期の総整備売上高DIはマイナス37・9となり、過去最低だった前回調査のマイナス59・0から、21・1ポイント上昇した。一方、総入庫台数DIはマイナス42・7となり、同じく過去最低だった前回のマイナス59・5から、16・8ポイント上昇した。業態別では、総整備売上高DI、総入庫台数DIともディーラーが大幅に上昇し、専業の認証は小幅な上昇にとどまった。

(全文は整備新聞 令和3年3月25日号:1面に掲載)

愛整振・三河地区に再び教育施設を検討前のページ

岐阜人材連絡会が高校訪問やイベントなど事業計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    新たな企画提案を:永谷敏行・CAA社長

    ――昨年のオークション実績はいかがでしたでしょうか。永…

  2. 整備関係

    愛知の関係団体、自動車諸税の軽減を大村知事に要望

    自動車税制の負担軽減を求め、日本自動車連盟(JAF)愛知支部や…

  3. 整備関係

    特定整備取得の大須自動車、エーミングを軸にユーザーに技術説明など

    特定整備制度への対応が求められている中で、エーミング作業も行う…

  4. 整備関係

    三重整振が理事会で来年度の事業計画など審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は3月3日、津市の振興会…

  5. 整備関係

    整備関係

    【特集】 今年も6月「不正改造車を排除する運動」

    今年度も6月1ヵ月間を強化月間として「不正改造車を排除する運動」が全国…

  6. 整備関係

    オリ・パラ特別ナンバーの交付と申込期限を1年延長

    国土交通省は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の開催延…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP