中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

田中秀一・軽検査協愛知主管事務所長の就任インタビュー

4月1日付で、軽自動車検査協会愛知主管事務所長に前中部運輸局自動車技術安全部技術課長の田中秀一氏が就任した。軽自動車の保有台数が増加を続けている中で、愛知県は全国第1位の約165万台、管内においては約445万台となっており、業務量の増大などで検査事務所の課題も多い。管内では検査機器の更新など施設整備に対応する。田中主管事務所長に、現状と課題などをお聞きした。

――はじめに、愛知主管事務所長ご就任の抱負をお聞かせ下さい。

田中主管長 今後は軽自動車も、更に高度な先進安全装置やIT技術と連携した自動運転車などが普及していくことが想定される一方、このような高度な先進安全装置が故障等により誤作動すれば重大な事故につながる恐れもあります。当協会としましては、この様な電子制御がなされている先進安全装置について、車検時においても車載式故障診断装置(OBD)を活用して電子的な検査を行っていく体制整備等が必要であるものと認識しており、令和3年10月以降の新モデルについて、令和6年からの電子的な検査の実現に向けて、関係機関と連携し、諸準備を進めてまいります。

(全文は整備新聞 令和3年7月25日号:1面に掲載)

福井運輸支局が自動車整備や貨物輸送30事業場を表彰前のページ

愛知自動車会議所が総会で山口会長を再選、決算報告など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    コロナの緊急事態宣言で登録申請添付書類の有効期間を延長

    新型コロナウイルス感染拡大に基づく緊急事態宣言が発令されたことを受けて…

  2. 整備関係

    愛知部販協・石川量章会長の就任インタビュー

    今年6月、愛知県自動車部品販売協会の会長に石川量章氏(トヨタモ…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ・ADW弥富物流センターを開設

    愛知ダイハツグループのADWホールディングス(坪内孝暁社長)は…

  4. 整備関係

    自動車整備の外国人技能実習制度、コロナ禍で受験者数半減

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  5. 整備関係

    永平寺の自動運転を社会受容性シンポジウムで紹介

    国土交通省は経済産業省と連携し、3月25日に東京都江東区のTOC有明コ…

  6. 整備関係

    中部運輸局・的確な整備などで193事業者を表彰

    中部運輸局は11月22日、局会議室で運輸各事業分野での安全対策…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP