中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も

自動車関連盗難が依然として多発する中、自動車関係団体と警察、損保協会などで構成する愛知県自動車盗難等防止協議会(会長・小栗一朗愛知県自動車販売協会会長)は2月19日、名古屋市中区のアイリス愛知で第17回総会(写真)を開き、盗難防止のためのユーザー啓発や盗難防止ネジ取り付け推進などを柱とした2020年度活動計画を決めた。(4面に関連記事)

総会には構成団体の会長や専務理事などが出席。今回は議事に先立って、部品ねらいの被害品の中で、ナンバープレートの盗難被害が五割以上を占めていることから、安価で高い盗難防止機能を有する新型ネジ「スピンガード」の製作発表も行った。

(全文は整備新聞 令和2年3月10日号:3面に掲載)

JSK春日井が盛大に組合設立50周年祝賀会前のページ

機械工具のイヤサカがエーミング装置など内覧会を開く次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    保安基準告示改正、来年11月から新型の乗用車に自動ブレーキ義務化

    国土交通省は道路運送車両の保安基準の細目を定める告示の一部を改正し、新…

  2. 整備関係

    愛知の自動車盗難、前年比49%の大幅増(7年ぶり)

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は745件で、前年の認知…

  3. 整備関係

    岐阜整振・理事会で事業・決算報告など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月26日、同振興会本…

  4. 整備関係

    CAA・斉藤啓太社長の就任インタビュー

    先の定時株主総会で大手企業系オークションのシー・エー・エー(C…

  5. 整備関係

    愛知のユーザー車検台数・上半期も3・6%増

    堅調な車検市場が続く中で、ユーザー車検が依然として大きな割合を維持して…

  6. 整備関係

    中部運輸局「検査の一部未実施」重点に研修会

    中部運輸局は行政処分の実効性のある再発防止策として、今年度は「検査の一…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP