中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

JSK春日井が盛大に組合設立50周年祝賀会

春日井自動車販売整備協同組合(永田喜代春理事長)は2月1日、春日井市のホテルプラザ勝川で「組合設立50周年祝賀会」(写真)を開き、組合員や提携企業など総勢87人が参加した。同組合は昭和45年に24社の整備工場で設立、今年で50周年を迎える。平成10年には現在の場所にJSK春日井サービスセンターを移転新築した。正会員14社、準会員13社、協賛会社10社。設立当時の車検台数は年間で約500台だったが、現在は車検約3,000台、鈑金約800台の規模まで成長している。会の冒頭、永田理事長が挨拶で「皆さんのおかげで設立五十周年を迎えることがきた。大変感謝している」と述べ、今後の組合事業については「整備業界は技術の高度化や車検の多様化など大きな変革期を迎えており、組合の役割は重要になる」とし、更なる事業発展に向けた協力を求めた。

(全文は整備新聞 令和2年2月25日号:3面に掲載)

中古車AA関係JU愛知、設立41周年で感謝の集い前のページ

愛知盗難防止恊が総会開き新型の盗難防止ネジ発表も次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知部品商組合、書面で総会を行い事業計画決める

    愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)はこのほど、新型コロナウイルス…

  2. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局が新型コロナ関連・特別相談窓口の対応状況を説明

    中部運輸局は4月10日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。坪井史憲局長…

  3. 整備関係

    愛知の車検市場は上半期も底堅く

    今年度上半期(4~9月)の継続車検市場は、いわゆる裏年に当たるものの堅…

  4. 整備関係

    整備関係

    不正改造車排除へユーザー啓発など

    6月は「不正改造車を排除する運動」の強化月間。中部運輸局は自動車関係団…

  5. 整備関係

    コロナで点検キャンペーンのイベント大半が中止に

    今年度の全国一斉マイカー点検キャンペーンは、コロナ禍により「点…

  6. 整備関係

    愛知ダイハツが「地域見守り活動」で東海市と協定

    「地域の安全を守ろう」と愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は12月1…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. 車体関係
PAGE TOP