中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振・岡崎支部が総会でユーザー対策骨子に事業計画

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・岡崎支部(横山陽一支部長)はこのほど、書面による第30回通常総会を行い、整備技術向上やユーザー対策などを骨子とした新年度の事業計画を決めたほか、役員改選で横山支部長を再選した。新年度は①不正改造車の一斉検査②マイカー無料点検の開催③セーフティー&クリーンキャンペーンの実施④会員相互の親睦⑤整備技術の向上対策―などの事業を打ち出した。

(全文は整備新聞 令和3年8月25日号:3面に掲載)

愛整振青年部会がリモート例会開き意見交換など前のページ

愛整振・瀬戸支部が総会で組合と一体活動、大橋支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    USS名古屋が初荷AAでイベント企画など各種プレゼント

    ユー・エス・エス(USS・瀬田大社長)は東海市の名古屋会場で1…

  2. 整備関係

    トヨタ系ディーラーの行政処分を国交省が発表

    国土交通省は10月20日付で、トヨタ自動車の系列ディーラーの一部拠点で…

  3. 整備関係

    豊川・伊藤モータースの52周年感謝祭に1300人来場

    指定工場の伊藤モータース(豊川市、伊藤孝盛社長)は2月13、1…

  4. 整備関係

    愛知軽協会、継続検査OSS促進など事業計画

    愛知県軽自動車協会(坪内孝暁会長)はこのほど、新型コロナウイル…

  5. 整備関係

    自動車機構・検査関係など審査事務規定を改定

    自動車技術総合機構は自動車検査、型式指定関係などの審査事務規程を一部改…

  6. 整備関係

    整備業界の未来を考える会がOBD検査などで意見交換

    三重県自動車整備振興会は11月9日、津市の振興会館で第27回「…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

  1. お悔やみ
PAGE TOP