中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛整振青年部会がリモート例会開き意見交換など

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の青年部会(池内章雄部会長)は7月17日、コロナ禍のため、リモートによる例会を初めて開催した。今回はZoomを活用して実施、新部会員の紹介をはじめ、各事業場で行っているコロナ対策の報告、今後の活動計画などについて約二時間の意見交換を行った。今期の活動については「コロナウイルスの感染状況を注視しながら、前向きに活動をしていきたい」としている。

(整備新聞 令和3年8月25日号:2面に掲載)

愛整振港支部が警察などと連携しリレーアタックを防ぐ鍵入れ缶制作前のページ

愛整振・岡崎支部が総会でユーザー対策骨子に事業計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振、総会で事業推進積極化

    愛知県自動車整備振興会は6月12日、名古屋駅前のミッドランドス…

  2. 整備関係

    JAF中部本部が観光施設への誘客アプリで支援展開

    「久々の外食はホテルレストラン」でと、日本自動車連盟(JAF)中部本部…

  3. 整備関係

    昨年度のリコール総対象台数37%減、4年ぶりに前年以下

    国土交通省は令和2年度のリコール総届出件数と総対象台数をまとめた。届出…

  4. 整備関係

    特定整備を推進、睦自動車がエーミング作業など内製化

    指定工場の睦自動車(本社・豊橋市)は12年3月、本社工場及び牛…

  5. 整備関係

    PRや人材育成など組合員の支援を積極化:横山隆仁・岐阜中販理事長

    ――昨年の中古車市場はいかがでしたか。横山理事長 昨年…

  6. 整備関係

    軽自動車検査協会の事業計画、施設整備など積極的に

    軽自動車検査協会はこのほど令和三年度の事業計画を決めた。事業概要として…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP