中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

電子車検証で中部の振興会が対応準備を活発化

来年1月からスタートする電子車検証に対応する各県整備振興会の動きが、中部でも活発化してきた。車検有効期間などを書き換える指定整備事業者の「記録等事務代行者」も、7月末までに静岡で1件、福井で2件承認されている。愛知では支部主催の説明会が後半に入り代行者要望が増加、振興会では9月から順次まとめて申請書を運輸支局と軽自動車検査協会に提出する。岐阜、三重ではこれから指定整備事業者を対象に説明会を開催し、申請を促していく。記録等事務委託制度に基づく代行者の申請は5月23日から始まった。本格申請は秋以降になると見られるが、7月末までには行政書士が行う変更記録事務代行者が全国各県1件ずつ申請したほか、指定整備事業者の代行申請は静岡で1件、福井で3件出ていた。このうち静岡の1件と福井の2件が承認された。いずれも整備専業者。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:1面に掲載)

岐阜整振、今年度も入庫促進キャンペーンを開始前のページ

岐阜運輸支局、優良123事業場を表彰次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    三重整備商工・総代会、竹林理事長再選し教育指導や環境経済事業を計画

    三重県自動車整備商工組合(竹林武一理事長)は6月4日、津駅前の…

  2. 整備関係

    愛知自販協・日本カーシェアリング協会と車両支援などで協定

    日本自動車販売協会連合会愛知県支部・愛知県自動車販売店協会(小…

  3. 整備関係

    愛整振・支部長会で料金調査の結果など報告

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)は2月6日、小牧教育セ…

  4. 整備関係

    愛整振・西尾支部が総会で無料点検や技術研修など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の西尾支部(木下卓往 …

  5. 整備関係

    新春放談:川村保憲愛整振会長~技術革新に対応し「整備力」さらに

    2022年がスタートしました。我が国ではようやく、新型コロナウ…

  6. 整備関係

    豊川・伊藤モータースの52周年感謝祭に1300人来場

    指定工場の伊藤モータース(豊川市、伊藤孝盛社長)は2月13、1…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP