中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振・理事会で上半期事業を報告

三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は10月2日、津市の振興会館で第171回理事会(写真)を開催。議題は①第36回振興会会長表彰者の選考及び表彰式の開催日時②代表理事等の職務状況③諸会議等の日程―などを審議した。冒頭、竹林会長は「コロナ禍で先の見えない状況が続いているが、業界の使命でもある車の安全・安心と環境保全をしっかり行うことで、仕事は後からついてくる」と述べるとともに、OBD車検や特定整備への対応などしっかり取り組んでいきたいと強調した。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:2面に掲載)

岐阜検査員会・大宮昌夫会長の就任インタビュー前のページ

愛知・江南支部が若手会を開き情報交換次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部の整備工場数が12月も新規認証の増加続く

    電子制御装置整備の認証取得が進む中で、中部でも認証の新規が廃止を大幅に…

  2. 整備関係

    令和3年度・愛知の継続車検台数、登録車0・7%減、軽は2・4%増に

    継続車検市場が堅調に推移している。愛知県における令和3年度の継続検査台…

  3. 整備関係

    整備関係

    不正改造車排除へユーザー啓発など

    6月は「不正改造車を排除する運動」の強化月間。中部運輸局は自動車関係団…

  4. 整備関係

    ベントレー名古屋が中区に移転リニューアルオープン

    ADWホールディングス(坪内孝暁社長)のインポート事業部で展開…

  5. 整備関係

    自動車技術総合機構、柴田宗範中部検査部長・就任インタビュー

    4月1日付で、独立行政法人自動車技術総合機構中部検査部長に前岐…

  6. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP