中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部の人材確保、中学生への働きかけ活動など

整備士の人材確保問題に取り組む中部運輸局は4月19日、局会議室で令和3年度中部ブロック人材確保連絡会議を開き、整備士予備軍として期待できる若年層への働きかけなど今後の取り組みについて、管内の整備振興会や整備士養成機関と意見交換した。

今回は同局自動車技術安全部の林健一部長をはじめ各運輸支局整備担当首席専門官、五県整備振興会専務理事、それに整備士養成の大学校、専門学校など17人と、出席できなかった3人がWebで参加、令和2年度の取り組み結果の報告を受けるとともに、令和3年度の取り組みの方向性などを検討した。

若年層への働きかけとして、小学生以下世代の集客イベント、仕事体験イベント、高校生世代の運輸支局長・養成校による高校訪問があるのに比べ、将来を考える重要な時期である中学生世代への働きかけが少ないことから、中学生世代を対象に事業場での職場体験、出前講座などを定期的に実施できるよう、地域の学校や教育委員会との連携も模索していく提案が行われた。

(全文は整備新聞 令和3年5月25日号:1面に掲載)

整備関係春の叙勲・褒章で浮田氏が旭日小綬章、太田氏が黄綬褒章前のページ

愛整振・理事会で事業報告や決算書類など承認次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    三重整振が理事会で技術研修や点検整備の促進など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は3月6日、津市の振興会館で第…

  2. 整備関係

    車輪脱落防止へ新点検方法導入

    近年、大型車の車輪脱落事故件数が増加していることを踏まえ、国土交通省は…

  3. 整備関係

    愛知ダイハツ東海店が高齢者対象に健康安全運転講座

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は11月24日、同社東海店で東海市…

  4. 整備関係

    日整連が理事会、新技術対応など柱に事業計画を承認

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月17日、第17…

  5. 整備関係

    スキャンツール導入補助金を今年度は10月4日から公募開始

    国土交通省は今年度も自動車整備事業者を対象に、外部故障診断機(スキャン…

  6. 整備関係

    愛整振・南支部が会員の交流や地域密着の活動を展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)南支部(村田全弘支部長)はこのほ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP