中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・犬山支部が総会で研修会や30周年記念事業を計画、内田新支部長を選出

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の犬山支部(近藤泰樹 支部長)は5月14日、名鉄小牧ホテルで第33回通常総会を開き、研修会や交通安全活動などを骨子とした令和5年度の事業計画などを決めたほか、役員改選で新支部長に内田信也氏(タイシン重機サービス)を選出した。

(全文は整備新聞 令和5年6月25日号:4面に掲載)

愛知・一宮支部が総会でOBD検査説明会や点検教室など計画前のページ

愛知・西春日井支部が総会で交通安全に協力、太田新支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・豊田支部が委員会と部会が連携し研修事業など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の豊田支部(杉浦直人支部…

  2. 整備関係

    今年も点検整備推進運動~啓発活動を強力に

    国土交通省と自動車関係団体は、今年も9~10月を強化月間に「自動車点検…

  3. 整備関係

    愛整振・犬山支部、マイカー点検で子供向けに整備士PRの企画も

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の犬山支部(近藤泰樹支部…

  4. 整備関係

    継続検査OSSの利用、1月実績・愛知で登録車は58%

    来年1月から電子車検証がスタートするのに伴い、指定整備事業者による継続…

  5. 整備関係

    岐阜整振・上期の懸賞キャンペーン抽選行う

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は1月18日、岐阜市の…

  6. 整備関係

    子どもの見落とし防止へ国際基準を導入

    国土交通省は、子供の見落とし事故を防止するための国連基準を導入し、道路…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP