中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

BMの行政処分結果で車体整備のガイドラインまとめる

国土交通省は、大手中古車販売店ビッグモーター(BM)の不正問題に伴う、行政処分の結果や車体整備業の再発防止策を取りまとめた。さらに、修理作業の前後の画像の保存等を内容とした「車体整備の消費者に対する透明性確保に向けたガイドライン」を策定した。BMに対する行政処分では、昨年7月以降、全国130事業場に対して監査を行い、37事業場を指定取消、41事業場に対しては5~180日間の適合証の交付停止などの行政処分を実施した。

(全文は整備新聞 令和6年4月10日号:1面に掲載)

静岡整振・ツール品を贈呈、こども110番の店をPR前のページ

岐阜整振・理事会でOBD検査への対応を計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知自販協と軽協会、交通安全標語や運動計画

    春の交通安全運動期間中に愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)と愛知県…

  2. 整備関係

    三重整振・高校生対象に整備の体験学習を実施

    「自動車に興味のある高校生のみなさん、自動車整備を体験してみま…

  3. 整備関係

    北支部が区民祭りでマイカー点検、「てんけんくん」着ぐるみも愛嬌

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の北支部(岡田公明支部長…

  4. 整備関係

    福井整振・総会で課題に対応し事業計画を推進

    福井県自動車整備振興会(田中森会長)は5月25日、福井県自治会…

  5. 整備関係

    技術高度化に対応し:大石英一郎・中部運輸局長

    新年あけましておめでとうございます。謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。…

  6. 整備関係

    愛知県交通安全県民大会で事故防止へ

    自動車関係団体も参加する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP