中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・江南支部が若手会を開き情報交換

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は10月3日、名鉄江南駅前で若手経営者の交流会「第3回・若手会」(写真:若手会員らが活発に意見交換)を開催した。会員の二世を中心に15人が参加した。支部活動の活性化に向けて若手会員相互の交流を図った。冒頭、大脇支部長は「コロナ禍のため、各会合を自粛していたが、ウイルスが少し落ち着き始めたので、7カ月ぶりに開催することとした。現状ではコロナによる業界の影響はあまり耳にしないが、今後はどのような影響が出始めるのか想像できない。会員相互でしっかり情報交換を行うことで今後の対応につなげてほしい」と強調した。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:2面に掲載)

三重整振・理事会で上半期事業を報告前のページ

今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振、総会で事業推進積極化

    愛知県自動車整備振興会は6月12日、名古屋駅前のミッドランドス…

  2. 整備関係

    岐阜整振・揖斐支部が道の駅3カ所で点検チラシを配布

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の西濃ブロック・揖斐支部…

  3. 整備関係

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める

    電子車検証、国交省がA6サイズにICタグの仕様を決める…

  4. 整備関係

    車検場での衝突や出火事故など受検者の事故が多発

    自動車検査場内における受検者の事故が後を絶たない。検査機器を壊すだけで…

  5. 整備関係

    愛知電装組合、特定整備対応で組合員増加

    特定整備制度への対応に関連して、愛知県自動車電装品整備商工組合(山本一…

  6. 整備関係

    整備需要動向調査で売り上げや入庫DIが改善

    コロナ禍で整備業界の景況感も昨年前半は大幅に悪化していたが、後半には徐…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP