中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・江南支部が若手会を開き情報交換

愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の江南支部(大脇伸二支部長)は10月3日、名鉄江南駅前で若手経営者の交流会「第3回・若手会」(写真:若手会員らが活発に意見交換)を開催した。会員の二世を中心に15人が参加した。支部活動の活性化に向けて若手会員相互の交流を図った。冒頭、大脇支部長は「コロナ禍のため、各会合を自粛していたが、ウイルスが少し落ち着き始めたので、7カ月ぶりに開催することとした。現状ではコロナによる業界の影響はあまり耳にしないが、今後はどのような影響が出始めるのか想像できない。会員相互でしっかり情報交換を行うことで今後の対応につなげてほしい」と強調した。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:2面に掲載)

三重整振・理事会で上半期事業を報告前のページ

今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    秋の大臣表彰:中部の整備業界から10氏が受賞

    国土交通省は10月29日、令和2年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  2. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

  3. 整備関係

    中部の整備工場数、11月は愛知で廃止が上回る

    中部の整備工場数は、2ヵ月連続で認証の廃止が新規を大幅に上回った。中部…

  4. 整備関係

    愛整振・千種名東支部が経営・技術向上などを計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)千種・名東支部(加藤山士支部長)…

  5. 整備関係

    特定整備認証取得し業界の資質と信頼向上目指す:金原正和・愛車恊理事長

    新年明けましておめでとうございます。令和3年の新春を迎えるにあたり、一…

  6. 整備関係

    整備需要動向調査で売上高DIが急改善し4年ぶりにプラス

    コロナ禍の影響を受けながらも、車検台数の伸びなどに支えられ自動車整備業…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP