中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

今年度のスキャンツール補助金が半月で予算到達

国土交通省は今年度も自動車整備事業者などを対象にスキャンツールの導入補助を実施し、7月27日から申請を受け付けていたが、8月11日の受け付け分までで予算額に達したため公募を終了した。 補助事業執行団体で事務局のパシフィックコンサルタンツの発表。昨年度も公募開始から1カ月で終了したが、今年度は半月という異例の早さで予算を消化した。今年4月から特定整備制度がスタートし、電子制御装置整備の認証を取得してエーミング作業が求められるようになっていることから、スキャンツールの買い替え需要も急増したものと見られる。

(全文は整備新聞 令和2年10月10日号:3面に掲載)

愛知・江南支部が若手会を開き情報交換前のページ

愛知自動車が和やかに50周年祝賀会次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜整振・飛騨ブロックが登録事務所開設30周年で飛騨会館に記念品贈呈

    飛騨自動車検査登録事務所(高山市)が開設されて今年で30周年を…

  2. 整備関係

    中部運輸局で整備士など事業功労者表彰

    中部運輸局は10月21日、名古屋市中区の中部運輸局(名古屋合同…

  3. 整備関係

    整備関係

    港北自動車、アライメント20000台達成でキャンペーン展開

    アライメントテスターを活用して足回りサービスに取り組む指定工場の港北自…

  4. 整備関係

    杉浦タイヤ商会が「タイヤ充填安全セット」の発売を開始

    ブリヂストンタイヤ特約店の杉浦タイヤ商会(静岡県湖西市、杉浦進一社長)…

  5. 整備関係

    岐阜人材連絡会が高校訪問やイベントなど事業計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県…

  6. 整備関係

    JAF自動車税制アンケートでユーザーの98%が負担に感じる

    自動車に課せられる税金を負担に感じているユーザーは98%。その負担軽減…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP