中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

中部運輸局・記者懇談会で最近の運輸の状況など説明

中部運輸局は4月16日、局会議室で定例記者懇談会を開いた。冒頭、金子正志局長が挨拶で「ドライバーの時間外労働の上限規制の適用に伴う2024年問題や一般ドライバーが顧客を送迎するライドシェアの取り組み、地元企業によるセントレアの活用」について話した。

(全文は整備新聞 令和6年4月25日号:2面に掲載)

経験恊・愛知主管事務所、4施設で検査機器の更新を前のページ

中日本短大・留学生含め322人の新入学生迎える次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    高山東・西支部が合同で新年懇親会を開き交流深める

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・飛騨ブロックの高山東支…

  2. 整備関係

    特定整備・時代へアプローチ「JSK春日井サービスセンター」

    指定工場の春日井自動車販売整備協同組合(JSK春日井・永田喜代…

  3. 整備関係

    三重自販協、総会で岩井支部長・会長を再選

    自販連三重県支部(岩井純朗支部長)と三重自動車販売協会(同会長)は2月…

  4. 整備関係

    保障法の改正、自賠責の一部で事故被害者支援

    自動車事故による被害者の保護を増進するため、自動車損害賠償責任保険(自…

  5. 整備関係

    愛整振・中川支部が理事・ブロック長会議で事業報告など

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)中川支部(大矢英憲支部長…

  6. 整備関係

    国土交通大臣表彰で中部の整備業界から12氏

    国土交通省は12月9日、令和3年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰を…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP