中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新春放談・愛整振の坪内恊致会長に聞く

自動車整備業界も今年から大変革期を迎える。自動運転など自動車技術の急進展に対応して、従来の分解整備事業の範囲が拡大され「特定整備」が導入される。先進安全装置の電子制御装置を整備するには新たな認証が必要となる。かつてない認証制度の大改正、既存認証事業者の早期対応が求められる。ここを乗り越えることで整備業界の新時代が見えてくる。令和2年を迎えるに当たり、愛知県自動車整備振興会の坪内恊致会長(中部地方自動車整備連絡協議会会長)に、景気動向を含め今年の自動車販売・整備市場の課題と展望をお聞きした。

――令和2年がスタートしました。はじめに、今年の景気見通しからお聞かせ下さい。

坪内会長 海外の政治・経済情勢にはリスク要因が少なくなく、種々の経済指標の中には懸念材料を指摘する向きもありますが、我が国では今年、待望の東京オリンピック・パラリンピックが開催されることもあって、景気は昨年よりも一層拡大すると見ています。とくに愛知県では、製造業を中心に経済の活況が続くと思います。

(全文は整備新聞 令和2年1月10日号:9面に掲載)

整備関係岐阜整振・「飛騨にも軽検査場を」と、今年も要望書を提出前のページ

中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    三重整振が理事会で総会上程議案などを審議

    三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は5月24日、津市の同振…

  2. 整備関係

    整備需要動向調査で売上高DIが急改善し4年ぶりにプラス

    コロナ禍の影響を受けながらも、車検台数の伸びなどに支えられ自動車整備業…

  3. 整備関係

    課題を乗り越えて時代へ!

    令和3年がスタートした。コロナ禍で先が見通せない。まずは、一刻も早くコ…

  4. 整備関係

    点検整備推進運動・プロの整備士や芸人などで点検デモ行いアピール

    「最後に点検した日、覚えてる?~後悔しないための点検・整備」と…

  5. 整備関係

    整備白書、業界の大多数が特定整備認証の意向

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は、令和2年度版の自…

  6. 整備関係

    静岡整備商組が12月から来年2月に3会場でミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は、県内3カ所で開催する令…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP