中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知・中支部が法・制度変更や新技術対応など推進

愛知県自動車整備振興会(川村保憲 会長)の中支部(野田浩司 支部長)は5月13日、名古屋市中区の札幌かに本家金山店で2022年度総会(写真)を開いた。令和5年度事業計画などを承認したほか、役員改選で野田支部長を再選した。

(全文は整備新聞 令和5年6月10日号:4面に掲載)

愛知・中村支部が会員連携し地域密着の事業を計画前のページ

愛知・蟹江支部が総会で事業計画を決め鳥居支部長を選出次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    自動車登録申請添付書類の有効期間を延長扱い

    国土交通省では、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、自動車登録申…

  2. 整備関係

    静岡整振が理事会で令和4年度事業・決算報告など審議

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は5月24日、静岡整振…

  3. 整備関係

    岐阜整振が10月28日に整備技能競技大会

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は5月15日、整備振興…

  4. 整備関係

    省エネカー競技にJU岐阜が協賛、岐阜整振はレースに参戦

    中日本自動車短期大学(山田弘幸 理事長)は10月22日、瑞浪市…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証、経過措置残り1年切る中で、中部の取得率62%

    令和5年度に入り、電子制御装置整備認証の取得ペースが加速するかどうか注…

  6. 整備関係

    愛整振が9月から入庫促進のキャンペーンを展開

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は今年度も9月1日から12月末ま…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP