中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

新明工業・高校生対象にFCV専門講座

燃料電池自動車(FCV)の整備も行う新明工業(本社・豊田市、佐々木和彦社長)は11月23日、愛知県の依頼を受け県内工業高校生を対象とした「FCV専門講座」(写真)を開催。県内工業高校の自動車科や機械科、電子機械科などで学ぶ1、2年生ら35人が参加した。愛知県では燃料電池自動車(FCV)を始めとする次世代自動車産業の将来の担い手となる人材の育成を目的に、県内の工業高校生を対象にFCVに関する講座を実施している。これはFCV及び燃料電池に関する理解を深め水素エネルギー社会への関心を高めるものとしており、今年度は実際にFCVの整備を手掛ける新明工業でFCV専門講座を行った。

(全文は整備新聞 令和2年12月10日号:1面に掲載)

三重整振が理事会で上半期の事業・収支報告前のページ

愛知の自動車関係団体が税制見直しを街頭アピール!次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐阜検査員会・大宮昌夫会長の就任インタビュー

    指定工場の検査員らで構成する岐阜県自動車検査員会は、指定整備の適正化や…

  2. 整備関係

    JAFが自動車関係税のユーザーアンケート調査を行い98%が負担

    日本自動車連盟(JAF、藤井一裕会長)は今年も「自動車税制に関するアン…

  3. 整備関係

    継続車検がコロナ禍で市場が乱高下

    新型コロナウイルス感染拡大の影響が、継続車検市場にも表れている。今年度…

  4. 整備関係

    整備関係

    中部で新規の認証工場が急増「特定整備の駆け込み」など

    特定整備制度のスタートを前に、今年3月の新規認証が中部(5県)で43件…

  5. 整備関係

    JU岐阜AAが組合青年部と共催でイベントAA

    JU岐阜羽島オートオークション(JU岐阜・熊﨑尚樹社長)は2月…

  6. 整備関係

    日整連の事業計画、特定整備対応や人材確保など

    日本自動車整備振興会連合会・同商工組合連合会(日整連・整商連、…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP