中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振、今年度も入庫促進キャンペーンを開始

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は7月1日から、点検整備入庫促進策「愛車にオアシス点検キャンペーン2022」をスタートした。今年度も来年6月末までの1年間にわたり展開する。期間中に応募すると、730人に抽選で総額235万円分の豪華賞品が当たる。このキャンペーンは、6カ月点検、1年点検、シーズンイン点検など潜在需要の掘り起こし、入庫したユーザーを対象に、抽選により景品を進呈することで、「公認整備工場の利用促進と点検整備の普及を図る」ことを目的としている。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:1面に掲載)

岐阜整振、小学生を対象にクルマの児童画を募集前のページ

電子車検証で中部の振興会が対応準備を活発化次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    スキャンツール助成金の申請、今年度は2種類

    国土交通省は9月6日、自動車整備事業者などを対象にしたスキャンツールの…

  2. 整備関係

    岐阜で子供たちに整備士体験、タイヤ交換などに112人参加

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男 会長)は8月19、20の両日…

  3. 整備関係

    電子制御整備認証、経過措置残り1年切る中で、中部の取得率62%

    令和5年度に入り、電子制御装置整備認証の取得ペースが加速するかどうか注…

  4. 整備関係

    愛知ダイハツ・岡崎店で地域密着の「健康安全運転講座」開催

    地域社会の貢献活動に力を入れている愛知ダイハツ(坪内孝暁 社長…

  5. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  6. 整備関係

    コロナ禍で整備の人材確保にも影響、高校訪問など中止に

    各県の運輸支局、自動車関係団体、整備士養成施設、高等学校で構成…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP