中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

岐阜整振、小学生を対象にクルマの児童画を募集

岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は8月1日から9月9日まで、今年も県内の小学生を対象に「GASPA・クルマの児童画コンクール2022」(後援=岐阜運輸支局、岐阜県、岐阜県教育委員会、協賛=日整連、岐阜県自動車会議所)の応募を実施している。昨年度は880点の応募があった。整備士不足や後継者不足が喫緊の課題となっている中で、小学生など低年齢のうちからクルマに関心を持ってもらい、業界のイメージを高めるとともに、将来の職種として興味を持ってもらうことが目的。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:1面に掲載)

三重整振、整備業界の未来考える会がイベント参加などを検討前のページ

岐阜整振、今年度も入庫促進キャンペーンを開始次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・西尾支部が新点検基準などテーマに研修会

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部…

  2. 整備関係

    全日本整備技能大会で日本一目指しがんばれ中部勢

    「整備士日本一」を目指す日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹…

  3. 整備関係

    新たな図柄入りナンバープレートの交付を開始

    国土交通省は、新しい全国版図柄入りナンバープレートの交付を4月18日か…

  4. 整備関係

    三重・未来考える会、行政との意見交換などの事業計画を審議

    業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一 会…

  5. 整備関係

    三重整振・理事会で会長表彰者、使用者対策など

    三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)は10月3日、津市の振興会館で…

  6. 整備関係

    AIR名古屋支部が「生き残りのビジネスは」と講演会

    損保ジャパン日本興亜代理店の整備工場で組織するAIRオートクラ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP