中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重整振、整備業界の未来考える会がイベント参加などを検討

業界で世代交代が進む中で、三重県自動車整備振興会(竹林武一会長)は7月21日、津市の振興会館で第30回「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春座長)=写真=を開いた。議題は今年度の取り組みとして①イベントへの参加②リサイクルセンターの見学③第23回全日本自動車整備技能競技大会の応援④行政機関との意見交換会の開催―など。議題で、イベントへの参加については、四日市でトラックフェスタが計画されていることから、参加する方向で検討するほか、リサイクルセンターの見学については、9月に鈴鹿市のマーク・コーポレーションに視察に行くこととした。

(全文は整備新聞 令和4年8月10日号:1面に掲載)

 

静岡整振、70周年記念式典開き講演会やアトラクションなど前のページ

岐阜整振、小学生を対象にクルマの児童画を募集次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    故坪内恊致氏の「お別れの会」11月10日に名古屋で開催

    愛知ダイハツ・ADWホールディングス(坪内孝暁社長)と愛知県自動車整備…

  2. 整備関係

    電子制御整備認証・中部の取得率は平均63・4%

    中部地方自動車整備連絡協議会(中整連)のまとめによると、会員の6月末現…

  3. 整備関係

    三重・鈴鹿組合がコロナ感染予防で体温測定器を設置

    鈴鹿自動車整備組合(田中淳一理事長)はこのほど、コロナウイルス…

  4. 整備関係

    福井整振・専業・事業合同会議でOBDの意見交換など

    福井県自動車整備振興会(田中森 会長)は1月23日、福井県自動…

  5. 整備関係

    愛知会議所・総会で変革期の対応など強調、山口会長を再選

    愛知県自動車会議所(山口真史 会長)は6月8日、名古屋市中区の…

  6. 整備関係

    静岡整備商工・総代会、役員改選で萩原真治常務理事を選出

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は6月21日、静岡…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP