中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重・未来を考える会がフェスタの参画して子供整備士体験を行う

三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)の「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春 座長)は、みえ交通安全・環境フェスタに参画して子供の整備士体験「チャレンジ・キッズメカニック」を開催する。会場では小学生以上の子供たちを対象に、午前10時半と午後1時半の2回に分けて体験会を開催する。体験内容は実車を活用して、①灯火周りの点検②タイヤの空気圧チェック③締め付けトルクーの3種類の整備作業を体験してもらう。

(全文は整備新聞 令和5年11月25日号:1面に掲載)

三重整振・事業役員や整備士など34人を会長表彰前のページ

三重支局と会議所が12月3日に交通安全・環境フェス次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    中部運輸局・「特定整備」の説明など積極化

    道路運送車両法改正に伴う特定整備制度などが実施されることから、中部運輸…

  2. 整備関係

    NSCクラブ中部が販売市場やリース展開で勉強会

    自動車リースを展開する日本カーソリューションズ(NSC)の代理…

  3. 整備関係

    整備関係

    愛知の継続車検「登録車は前年比0・4%減」

    車検市場が安定して推移している。愛知県における令和元年度の継続検査台数…

  4. 整備関係

    愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

    動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携して…

  5. 整備関係

    愛知自動車会議所が総会で交通安全の取り組みなど強調

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は6月3日、名古屋市中区の名…

  6. 整備関係

    整備・外国人技能実習制度、今年も受検者増が続く

    全国で外国人技能実習制度の活用が活発化している。日本自動車整備振興会連…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP