中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重・未来を考える会がフェスタの参画して子供整備士体験を行う

三重県自動車整備振興会(竹林武一 会長)の「整備業界の未来を考える会」(伊井雅春 座長)は、みえ交通安全・環境フェスタに参画して子供の整備士体験「チャレンジ・キッズメカニック」を開催する。会場では小学生以上の子供たちを対象に、午前10時半と午後1時半の2回に分けて体験会を開催する。体験内容は実車を活用して、①灯火周りの点検②タイヤの空気圧チェック③締め付けトルクーの3種類の整備作業を体験してもらう。

(全文は整備新聞 令和5年11月25日号:1面に掲載)

三重整振・事業役員や整備士など34人を会長表彰前のページ

三重支局と会議所が12月3日に交通安全・環境フェス次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振半田支部が30周年記念事業で消防本部に大型プリンターを寄贈

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の半田支部(芳賀康宜支部…

  2. 整備関係

    中部の整備工場、4年連続で新規認証の増勢が続く

    特定整備制度による電子制御装置整備の認証取得が進み、中部地区における整…

  3. 整備関係

    人材育成など積極化:杉山智彦・静岡整振会長

    新年明けましておめでとうございます。令和4年の新春を迎えるにあたり、謹…

  4. 整備関係

    岐阜検査員会・飛騨で幹事会を開催

    県内指定整備工場の自動車検査員で構成する岐阜県自動車検査員会(…

  5. 整備関係

    愛知指定研・総会で奥村会長を再選、セミナーなどの事業計画きめる

    県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥村静…

  6. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP