中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

すれ違い用前照灯の検査で合格率が順調に推移

自動車技術総合機構と軽自動車検査協会は全国の検査場で実施している「すれ違い用前照灯(ロービーム)」の審査で2月の合格率が93%を越えていることを公表した。中部管内の検査場における審査では登録車、軽自動車ともに2月の合格率が全国平均を上回っており、今年8月からの審査の完全移行に向けて順調に推移している。

(全文は整備新聞 令和6年4月25日号:1面に掲載)

愛整振・豊川支部が総会を開き、整備経営の向上や交通安全活動など前のページ

リース車両のレバーレート調査を実施次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    整備関係

    整備需要動向調査で景況感が大幅に悪化

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一 会長)はこのほど、第48…

  2. 整備関係

    健全な車社会発展へ:山口真史・愛知会議所会長

    新年あけましておめでとうございます。令和3年の新春を迎え、ここに謹んで…

  3. 整備関係

    愛整振・豊橋支部が総会で新支部長に村田氏を選出

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)豊橋支部(中山幸宣支部長…

  4. 整備関係

    飛騨にも軽車検場を!必要性を訴え要望書

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は11月11日、羽島市の…

  5. 整備関係

    愛整振・津島支部が役員会・懇親会で今後の事業を審議

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)・津島支部(横井隆幸支部長)は1…

  6. 整備関係

    中部・整備工場数、後継者難などで認証の新規が廃止を上回る

    中部地区における整備工場数は、令和2年度も前年度に続いて認証の新規が廃…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP