中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

福井整振の商組、新技術対応や人材確保など計画

福井県自動車整備振興会(田中森会長)と同整備商工組合(同理事長)はこのほど、福井県自治会館で令和4年度第3回合同役員会(写真)を開催。振興会・商工組合とも令和5年度の事業計画・収支予算などついて審議した。冒頭、田中会長は「業界では特定整備や自動車検査証の電子化、OBD検査など課題が山積している」と述べ、各事業への協力を求めた。

(全文は整備新聞 令和5年4月10日号:1面に掲載)

岐阜整振・理事会で技能競技大会や70周年記念事業など計画前のページ

静岡整振・理事会で中高生に整備士PRなど計画次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    トラスティーレンタがカタログなどでレンタカーの代車メリットをPR

    損保代車用レンタカー事業を展開するトラスティレンタカー(本社・…

  2. 整備関係

    三重軽協会・総会で事業計画を決め、磯田新会長を選出

    三重県軽自動車協会(松村武侈 会長)はこのほど、通常総会を行い…

  3. 整備関係

    新明工業・未来型ショールーム「Sow Zow」開設1周年イベント開催

    全国でも屈指の規模を誇る新明工業(本社・豊田市、近藤恭弘社長)…

  4. 整備関係

    岐阜整振・特定認証を指定工場の90%超が取得へ

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の電子制御装置整備認証の取得率が…

  5. 整備関係

    中部の整備業界から9氏が国土交通大臣表彰を受賞

    国土交通省は10月27日、令和4年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  6. 整備関係

    ナンバープレート表示が10月から取り付け角度など新基準に

    この10月からナンバープレートの表示の位置や方法について、新基準の適用…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP