中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

ロータス愛知が春のキャンペーンで目標必達に気勢

自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会愛知県支部(小林謙一支部長)は3月10日、名古屋市中村区のホテルマリオットアソシアで「感謝祭~2020年度のお礼と2021年度新体制お披露目~(春の総合キャンペーン決起大会)」(写真=挨拶する小林支部長)を開き、来賓、提携企業を含め75人が参加し、キャンペーンの目標必達に向けて気勢を上げた。今回はコロナ禍のため、1月に予定していた新年の集いを延期して開催した。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:3面に掲載)

愛整振・青年部会がエーミング出張デモ研修を開催前のページ

レベル3自動運転車の広告表示でガイドライン次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    令和2年4~10月の新規認証は大半が従来の分解整備のみ

    今年4月から特定整備制度がスタートし、新規認証の動きが注目されたが、予…

  2. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  3. 特集

    【特集】愛整振支部が事業推進へ組織力強める

    自動車技術の高度化を背景に、整備業界も変革への対応を迫られる中…

  4. 整備関係

    夏の交通安全運動で「横断中の事故注意」自転車の安全利用を訴え

    愛知県自動車会議所をはじめとする自動車関係団体も参画する愛知県…

  5. 整備関係

    愛知の自動車盗難・昨年26%減だがレクサスLXの被害が倍増

    愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は500件となっ…

  6. 整備関係

    整備関係

    今年度もバンパーやベルトなど産廃の集合回収を開始

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP