中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

レベル3自動運転車の広告表示でガイドライン

自動車公正取引協議会は広告などの表示に際し、レベル3の自動運転車に関する新たなガイドラインを策定し、四月から運用を開始した。発表によると、同協議会は自動運転車(レベル3)の機能や運転操作の主体などについて、一般消費者への理解促進を図るとともに、過信や誤解を招くような表示が行われることのないよう、今回その機能などについて表示する場合の必要な表示事項と表示内容、表示方法などについて定めた「自動運転車及びその機能の表示に関する規約運用の考え方」を策定した。

(全文は整備新聞 令和3年4月10日号:3面に掲載)

ロータス愛知が春のキャンペーンで目標必達に気勢前のページ

ナンバープレート表示の新基準適用を半年延長次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知自販協が交通安全標語など決める

    春の交通安全運動を前に愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)の交通安全…

  2. 整備関係

    静岡整振、総会で技術強化をさらに推進

    静岡県自動車整備振興会(杉山智彦会長)は6月19日、静岡市駿河…

  3. 整備関係

    岐阜車協・青年部が総会で事業計画、森新部会長選出

    岐阜県自動車車体整備協同組合・青年部会(松本悟部会長)は4月18日、岐…

  4. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

  5. 整備関係

    愛知自動車会議所・理事会で検査登録関係など事業計画決める

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は3月24日、書面による令和…

  6. 整備関係

    愛整振・港支部が警察と連携し防犯ネジを取り付け

    動車関連盗難が後を絶たない中、愛整振の支部が地元警察と連携して…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP