中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知の自動車盗難、特定の車種が半数以上を占める

愛知県の昨年(1~12月)の自動車盗難認知件数は698件となった。愛知県自動車整備振興会の支部が地元警察と協力して実施しているナンバープレート盗難防止ネジの取り付けキャンペーンの効果もあり、前年を大きく下回ったが全国ワースト2位となっている。盗難の手口は純正のセキュリティーが無効化され、特殊な機器を用いて盗まれるケースが多い。車社会の安全・安心を支える自動車販売整備業界も一体となった盗難防止対策が求められる。

(全文は整備新聞 令和6年3月10日号:1面に掲載)

三重整振・整備士の人材確保へセミナーで情報を共有前のページ

金融庁・車体整備の工賃を調査、工賃単価引き上げ要望が多数次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛整振・岡崎支部はボウリング大会など親睦事業も計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の岡崎支部(横山陽一支部…

  2. 整備関係

    岐阜の指定部会と検査員会が電子車検証の説明会でカードリーダー配布も

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)の指定部会(遠藤太桂康委員長)と…

  3. 整備関係

    交通死亡事故多発する中で「春の交通安全運動」

    自動車関係団体も参画する愛知県交通安全推進協議会(会長・大村秀…

  4. 整備関係

    愛整振・理事会で整備技術強化など来年度の事業計画を承認

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)は3月19日、小牧教育セ…

  5. 整備関係

    電子制御整備認証が中部で取得率45%超える

    特定整備制度に基づく電子制御装置整備の認証取得が、中部地区では全国平均…

  6. 整備関係

    愛知支局が窓口の混雑緩和にスマホで受付確認

    愛知運輸支局(名古屋市中川区)はこのほど、名古屋ナンバー限定で…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP