中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

静岡整振・総会で技術の高度化やデジタル化への対応など

静岡県自動車整備振興会(杉山智彦 会長)は6月20日、静岡市駿河区の同振興会総合会館で「第12回定時総会」(写真)を開き、令和5年度の事業報告や決算関係書類、常任理事などの報酬額を承認した。また、山下富治専務理事が任期満了のため、新専務理事に萩原真治氏を選出した。

(全文は整備新聞 令和6年6月25日号:1面に掲載)

ヘッドライト審査でオートレベリング装着車の受検方法など周知前のページ

三重整振・総会で自動車の新技術への対応など次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    静岡商工・中部総支部のみミニ展示会を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)は12月19日、静…

  2. 整備関係

    国交省・大型車のAEBS基準強化し対歩行者試験を追加

    国土交通省は、大型車の衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)の基準強化などの…

  3. 整備関係

    愛整振・西尾支部は今年度2度目の無料点検を実施

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の西尾支部(木下卓住支部…

  4. 整備関係

    三重支局・自販協が優良事業者や優良運転者など表彰

    三重運輸支局・三重県自動車販売協会・同自動車販売店交通安全対策…

  5. 整備関係

    愛知部品組合が総会で新理事長に田中康裕氏を選出

    愛知県自動車部品商組合(五島秀明理事長)は6月10日、名古屋市…

  6. 整備関係

    愛整振・高浜支部が総会で無料点検や情報交換など計画

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の高浜支部(神谷則喜支部長)はこ…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP