中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

外国人技能実習試験で愛知の受験者数が全国1位

全国の外国人技能実習生は、平成29年度は372人、30年度は793人、令和元年度は1537人まで増加している。(写真=整備業界でも外国人技能実習生の活躍が広がっている)今年度は約10カ月間で1500人となり、昨年度の人数を超えるペースとなっており、累計では4202人となっている。ディーラーや整備専業工場で積極的に実習生の受け入れが進んでおり、今後も各県で技能試験が予定されていることから、年度末までには昨年度を上回ることが予想される。実習評価試験は、初級・中級・専門級の3種類となっており、学科試験と実技試験で技能レベルを評価している。

中部管内(5県)でも各整備振興会が技能実習評価試験(初級)を複数回実施している。平成29年度末は66人、30年度は132人、令和元年度は302人で今年度はすでに312人が受験している。内訳は愛知が153人、静岡は42人、岐阜は27人、三重は70人、福井が20人となっており、中部の整備工場では積極的に技能実習生の受け入れが進んでいる。県別の累計では愛知が379人で実習生の受け入れ人数が全国1位となっている。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:1面に掲載)

福井整振・商工組合が理事会で事業計画や予算案など審議前のページ

愛知軽主管・事故で閉鎖の検査コースが再開次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    愛知部販協・総会で石川新会長選出し運営面を見直し効率化

    愛知県自動車部品販売協会(向井英夫会長)はこのほど、新型コロナウイルス…

  2. 整備関係

    愛知ダイハツ東海店が高齢者対象に健康安全運転講座

    愛知ダイハツ(坪内孝暁社長)は11月24日、同社東海店で東海市…

  3. 整備関係

    愛知会議所・事故防止へ交通遺児の作品を展示

    愛知県自動車会議所(山口真史会長)は4月1日から6月末までの3…

  4. 整備関係

    愛整振・蟹江支部が低圧電気講習開きHV整備など学ぶ

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の蟹江支部(髙橋秀樹支部…

  5. 整備関係

    運輸局の窓口など、キャッシュレス化やデジタル化で検査登録手続きを便利に

    国土交通省は、自動車検査登録手続きの「キャッシュレス化」と「デジタル化…

  6. 整備関係

    中整連・総会で川村会長を再選、5県連携し課題に対応

    中部5県の自動車整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP