中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知軽主管・事故で閉鎖の検査コースが再開

軽自動車検査協会愛知主管事務所(名古屋市港区)は、昨年から事故で閉鎖されていた第2コースの検査を2月1日から再開した。(写真)昨年11月6日に発生した事故によりコースを閉鎖していたが、このほど機器の修理が終了し、約3カ月ぶりの稼働となる。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:1面に掲載)

外国人技能実習試験で愛知の受験者数が全国1位前のページ

運輸支局などが年度末の混雑緩和に協力求める次のページ整備関係

関連記事

  1. 整備関係

    中部の特定整備認証、資格講習修了者が40%に

    今年度からスタートした特定整備制度に基づく電子制御装置整備認証の取得ペ…

  2. 整備関係

    岐阜の人材確保、コロナ禍で一部事業中止も8月に体験学習計画

    産官学が連携して県レベルで整備士の確保・育成に取り組む「岐阜県…

  3. 整備関係

    LINEアプリで車検の車両管理システム構築し効率化

    西尾自動車整備協業組合(杉浦隆代表理事、T・S日進商会社長)は…

  4. 整備関係

    CAA岐阜が初荷で出品企画を多彩に展開し力強く開催

    シーエーエー(CAA・永谷敏行社長)の岐阜会場は1月12日、羽…

  5. 整備関係

    日整連が理事会で新技術への対応やOSS促進など事業計画

    日本自動車整備振興会連合会(日整連、竹林武一会長)は1月13日…

  6. 整備関係

    座席の乗員保護要件の強化など審査事務規定を改正

    自動車技術総合機構はこのほど、自動車検査関係などの審査事務規程の一部を…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP