中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

三重の自動車整備組合の有志の会、名称決まる

三重県内の自動車整備組合は10月1日、亀山市のバーベキュー鈴鹿峠で第2回意見交換会(写真)を開催。県内自動車整備組合の有志23人が参加した。今回は、意見交換のほかに会の名称や運営方法などについて討議。名称は「全国自動車連合・三重」とし、役員は選任せず、参加者が平等の立場で意見を出し合える会とした。今後の開催は各地区組合が持ち回りで場所を準備することとした。

(全文は整備新聞 令和5年10月25日号:3面に掲載)

JU愛知・秋のジャンボAAで初出品特別企画など前のページ

岐阜整振・道の駅2カ所で無料点検を実施次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    中部運輸局・的確な整備などで193事業者を表彰

    中部運輸局は11月22日、局会議室で運輸各事業分野での安全対策…

  2. 整備関係

    整備関係

    JAF愛知、大学生が考案したドライブコースで観光促進イベント

    日本自動車連盟(JAF)愛知支部(寺町一憲支部長)は1月14日から3月…

  3. 整備関係

    タイヤのパンク修理など空気充填作業に注意

    日本自動車タイヤ協会(JATMA,東正浩会長)はこのほど、タイヤの空気…

  4. 整備関係

    愛知自販協と軽協会、交通安全標語や運動計画

    春の交通安全運動期間中に愛知県自動車販売店協会(小栗一朗会長)と愛知県…

  5. 整備関係

    岐阜支局・12月2日にはたらくのりものフェスを開く

    子供たちに働く乗り物や交通安全などの知識を高めてもらおうと、中部運輸局…

  6. 整備関係

    国会議員などに要望書、設備投資や人材確保など

    静岡県自動車整備政治連盟(清水道博 会長)は、このほど開いた理事会で要…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP