中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

愛知指定研究会が特定整備など業界環境テーマに勉強会

県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥村静雄会長)は12月10日、名古屋市昭和区のブリヂストンタイヤソリューションジャパン・愛知カンパニー鶴舞ビルで勉強会(写真=整備業界の動きについて説明する柴田常務理事)を開催。今回は愛整振の柴田敦常務理事を講師に「自動車整備業を取り巻く環境」について研修した。

(全文は整備新聞 令和3年1月25日号:3面に掲載)

無車検・無保険で二輪車を運行の中部運輸局職員を懲戒免職前のページ

自動運転技術に国際基準導入へ保安基準など改正次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    ロータス岐阜・Zoomで春のキャンペーン決起大会

    自動車整備業の戦略集団である全日本ロータス同友会岐阜県支部(可兒英樹支…

  2. 整備関係

    中整連の新会長に川村氏(愛整振会長)を選出

    中部5県の自動車整備振興会、商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協…

  3. 整備関係

    岐阜整振・理事会で事業・決算報告など

    岐阜県自動車整備振興会(田口隆男会長)は4月26日、同振興会本…

  4. 整備関係

    車検証の電子化に向け設備投資に支援要請

    中部5県の整備振興会・商工組合で構成する中部地方自動車整備連絡協議会(…

  5. 整備関係

    外国人技能実習試験で愛知の受験者数が全国1位

    全国の外国人技能実習生は、平成29年度は372人、30年度は7…

  6. 整備関係

    中部の整備工場数が12月も新規認証の増加続く

    電子制御装置整備の認証取得が進む中で、中部でも認証の新規が廃止を大幅に…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP