中部地区では類を見ない自動車整備専門紙

整備関係

 

整備関係

運輸支局などが年度末の混雑緩和に協力求める

年度末の繁忙期を迎え、各県運輸支局と軽自動車検査協会は、自動車の検査・手続き業務の増加、集中による窓口の混雑緩和に利用者の協力を求めている。愛知運輸支局によると、検査業務の継続検査について予約が輻輳した場合は、検査証の有効期間が既に満了したものと満了日が間近な自動車を優先して受検する。また、4月以降に検査証の有効が満了するものは顧客の協力を得て、できる限り4月に受検するようにする。自動車の点検整備を確実に行い、再検査の防止に努める。保安基準適合証による申請は、週末に集中する傾向にあるので、週始めにも申請し、平準化に協力してほしいとしている。

(全文は整備新聞 令和3年3月10日号:1面に掲載)

愛知軽主管・事故で閉鎖の検査コースが再開前のページ

愛知自動車会館の展示コーナー月替わりで多彩にPR次のページ

関連記事

  1. 整備関係

    岐南西支部が役員総会で事業計画などを決める

    岐阜整振・岐阜南ブロックの岐南西支部(伊藤智司支部長)は3月2…

  2. 整備関係

    愛整振・津島支部がマイカー無料点検で防犯ネジも取り付け

    愛知県自動車整備振興会(川村保憲会長)の津島支部(横井隆幸支部…

  3. 整備関係

    愛整振・支部が県内各地で防犯ネジの取り付けキャンペーン

    自動車関連盗難が後を絶たない中、今年度も愛知県自動車整備振興会…

  4. 整備関係

    静岡商工が3会場で「商工祭」を開催

    静岡県自動車整備商工組合(河田憲一郎理事長)はこのほど、令和2…

  5. 整備関係

    中部の整備業界から9氏が国土交通大臣表彰を受賞

    国土交通省は10月27日、令和4年度の自動車関係功労者に対する大臣表彰…

  6. 整備関係

    愛知指定研・総会で奥村会長を再選、セミナーなどの事業計画きめる

    県内の有力指定整備工場で構成する愛知県自動車指定研究会(奥村静…

整備新聞購読:0522510451 電話番号:0522510451

最近の記事

PAGE TOP